人気ブログランキング |

最近読んだ本を紹介します。【永遠の0】

こんばんは。
ただいまお店からの帰りです。
私のことを気に入ってくれて今月2回もいらっしゃったお客様にお酒を少し頂いて飲んでました。

予約時間より少し早めに来てくれたので助かりました!

それでは最近読んだ本を紹介します。
f0330932_22490470.jpg

百田尚樹さんの永遠の0。
映画化された話題の本でもあります。

この本はある男性とライターの女性が祖父の出世やおい立ちを調べるために戦争のあった時代に共にした戦友たちに話をきいていくというストーリーです。

私は戦争を知らない時代に生まれ、そして育ちました。
何度も戦争の時代は空襲などの映像で見たことはありますがこのように文章になるとまた別世界と感じました。

敵はアメリカや国外だけではなく、日本人にあると。
強く思いましたね。

階級が偉くなるほど下の人間を見せしめに殴り、袋だたきにするという、想像もしなかった世界です。


なぜ生き残ることを口にするのがこんなに悪いことなのでしょうか?


親から授かった命を私は何度も何度も捨てようとしました。
しかし、国のために入った軍隊たちはその命を惜しむことなく闘いに挑みます。
それは確かに国のためかもしれません。

しかし、全ての人が国のために命を落とすことに賛成するというオモテ面だけであり実際には惜しい命だと思います。


誰かのために生きたい。


あなたは考えたことありますか?


わたしは今愛してくれる人のために生きたい、支えてくれた友人のために生きたい、産んでくれた家族のために生きたい。

やりたいことができなくなったショックは確かに大きかったです。
やってもない罪をなすりつけられ職場を追い出された気分にもなり色んな葛藤と闘いました。


しかし、今では生きててよかった。
ある意味で仕事を辞めてよかった。
でなければ今恵まれてる職場にも出会うこともライターとして働くことも、そして愛する人と再会することもなかったでしょう。

私は私なりにストレスの吐き方を間違えただけなんだと。

もちろん辛くなるときも自由すぎるこの性格で迷惑をかけるときもあります。
しかし、過去があるからこそ今があるというのはこういうことなのではないのでしょうか?


遺伝子は面白いですね、
た祖母、祖父、父、母、たどるとキリがないくらい私の体内には色んな人の血液が流れています。


私も落ちるとこまで落ちたのだから這い上がることだけを考えて今後も色んな仕事に取り組みたいと思います。

それでは池袋につくまでバイブルの本を読みます⭐︎
by m1k127 | 2017-06-15 22:33 | Books | Comments(0)